スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

SEO対策効果アリ!?

親中宣言を再開して・・・というよりは2008年が始まって、

早一ヶ月、いかがお過ごし越しでしょうか、无名です。


ゆっくり、のんびり更新している当サイト

【親中宣言―大連からの便り―】

企業様のサイトでも、大手のテキストサイトでもない、

小生の小生による小生のためのサイト

(・・・当然大連に興味ある人のためのなんだけど、弱小サイトなんで)

人の目に留めるはずも無い、

星の数ほどあるWEBサイトの一つです。

外部リンクも中国ランキング中国遊歩人だけです。

個人的にURLを伝えているのも2,3人といったところです。


でも、WEBにアップするということは、

誰かに見てほしいという想いが少なからずあるわけで、

逆に誰もが訪問することができる情報発信元なわけです。

本日は、チョットいやらしい話になっちゃいますが、

お付き合いください。


もし小生が

「誰にも見てもらえなくてもイイんだい☆」

「誰かのために書いてるわけじゃないんだい!」


という想いでサイトに日想を書き溜めるなら、

わざわざWEB上にアップしないで、

ワードパットにでも、日記を書いていればいいと思うわけです。

それがリアルだし、自分のサイトに訪問してくださった方への

礼儀と責任だと思っています。



硬い言い口になってしまいましたが、

ようは、多くの人が訪問してくれれば素直に嬉しいし、

そのためのテクニックを付焼刃の知識で

一生懸命このサイトにつぎ込んでいるわけです。

(素人ですからホントに付焼刃ですんで、

無償で優しく教えてくださる方募集中)



それが、

【SEO(Search Engine Optimiazation)】


-サーチエンジン最適化-の対策なわけです。



【SEO対策】という言葉が耳慣れない方もいらっしゃるとは思いますが、

簡単に申し上げますと、

検索エンジン(Google様Yahoo様等)で検索をかけた際に、

上位に表示されることを目的としたテクニックです。



当然、上位に表示された方が

検索エンジンの利用者の目につきやすいし、

訪問者も多くなります。

そのために、大手企業様は多額の費用負担をして、

対策している場合もあるそうです。



小生、このサイトを立ち上げた2年前は全くといっていいほど、

そんなテクニックは知りませんでした。

だって、htmlcssのタグすらほとんど知りませんでしたから・・・(-_-;)

( まぁ今も全然わからないことばかりですがね・・・ )

大連に来て少しばかし、PCやWEBに興味を持つようになって、

初めって知ったくらいです。



前置きが長くなってしまいましたが、

【SEO対策】の効果が

【新中宣言― 大連からの便り ―】


にもじわじわと出ているようです。


例えば、100万件のサイトがヒットするキーワードで

10位以内になることは非常に難しいことですが、

1,000件しかヒットしないキーワードで

10位以内になることはさほど難しくありません。


Google様【大連】と入力すると・・・

約4,000,000件のサイトがヒットします。

この中で上位に表示されることは難しいです。

では【親中】で検索をかけてみると・・・

約400,000件のサイトがヒットし、

【大連】というキーワードの1/10。

この中で、

【新中宣言― 大連からの便り ―】


はカナリ上位に表示されます。ありがたい限りです。

ただ、【親中】というキーワードで検索をする人が少ないのです。

よって、訪問者もとても少ないわけです。



つまり、比較的多くの方が興味を持っていそうなキーワードで

検索エンジンでヒットするサイトが少ないキーワードが

検索結果で上位に表示され、訪問者のアップに繋がるわけです。

ホントいやらしい話ですネ☆



そこで、時間をかけて書いた日想が

【UnionPay ― 中国銀聯カード ―】なんです。


【UnionPay】と検索しても【銀聯】と検索しても、

大した数のサイト数ではありませんし、

情報が少ないなぁと感じました。

ただ、この【銀聯カード(UnionPay)】は

非常に便利だし、中国に興味がある方なら、

一枚持っていて損は無いカード。


以前大連に遊びに来た方が、

ATMからクレジットカードでキャッシングした際、

4,000円引き出そうとして、4000と入力したら、

4,000元(約60,000円)出てきてしまった・・・

と仰っておりました。

そんな、失敗も銀聯カードが一枚あるだけで、

無かったことになってしまいます。



是非多くの方に知ってもらいたいと思い記事にしたわけです。

ただ、誰も知らないこのサイト・・・

なかなか皆に伝えられないもどかしさ・・・

そこで【SEO対策】が必要なわけです。

小生PCに関してはズブの素人、

マニュアルがあるわけでもありません。

でも、チョットした方法で

【UnionPay ― 中国銀聯カード ―】

検索上位に来るようになりました。(検索結果はこちら)

今も意識して書いておりますが、

【銀聯カード】と【UnionPay】は、必ず両方書いてます。

どちらの単語で検索してもイイようにです。

また、意識的に【UnionPay】はスペースを入れていません。

例えば【Union Pay】と検索した場合、

~~【Pay】~~【Union】~~と書かれたサイトも

ヒットしてしまうからです。

あまり、効果が無いとされておりますが、

意識的に【銀聯カード(UnionPay)】を本文中に散りばめました。


その甲斐あってか(はわかりませんが)

現在はどちらで検索しても上位に表示されます。

下記は、1月のアクセス解析の結果です。


1月度アクセス解析結果-検索キーワード一覧-

【UnionPay ― 中国銀聯カード ―】をUPしたことにより、

訪問してくださる方が増えました。

というか、ほとんどこの記事を見に来てくださる方しかいない状況・・・

タイトルを【銀聯宣言―UnionPayの便り―】に変更しようと思います。

まぁ、でも多くの方が【銀聯カード(UnionPay)】に

関心があるようですので、

今後もわかる範囲で調べてみようと思います。

せっかく訪問してくださった方が、

『全然意味の無いサイトに来ちゃったヨ!!!』

という申し訳ない形でお帰りいただかないよう

コンテンツを少しずつ充実させていきたいと思います。



そんでもって、訪問される方の検索キーワードが

【大連】>【銀聯カード(UnionPay)】

となるようにしていかなければなぁと思っております。



中国関連サイトはこちらでチェック→中国関連サイトが満載!


スポンサーサイト

2008年02月04日 大連生活 トラックバック:0 コメント:0

<< 中国餃子薬物混入事件 | 親中宣言 ― 大連からの便り ―TOP | Tasty ― 精点味道 ― >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。