スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大連周水子国際空港

本館はこちら

日想を読み返すと大連のこと全然紹介しとらんなぁと思う今日この頃、

いかがお過ごしですか、无名です。



そんなわけで本日は、皆様が大連にいらっしゃる際、

まず下り立つ場所【大連周水子国際空港】のご案内。

大連周水子国際空港



大連周水子国際空港は中国国内において、

中枢空港の一つとされています。

07年度は12月に旅客取扱量が700万人を突破し、

利用数は9年連続で中国東北地方の第1位だそうで、

東北三省内全空港の旅客取扱量のうち

三分の一を占めているんだそうです。

(大連周水子国際空港HPより)



大連周水子国際空港は到着フロアが1階

出国フロアが2階となっています。

当然、到着した皆さんは1階からの入国となります。

入国手続きは地球の歩き方まっぷる等で

確認していただくこととしまして、

入国後、市街地までの移動の流れをご案内して参りたいと思います。



多くの方がまずされること、それは両替でしょうかね。

両替は市内一律どこの銀行でも同じレートのようですが、

やはり空港でいくらか両替しておくのが便利でしょう。

入国してすぐ左側の中國銀行で両替が可能です。
大連周水子国際空港内中國銀行両替所

(ここで銀聯カード(UnionPay)をお作り頂けるかは未確認です)



さて両替がお済でしたら、市街地への移動となります。

※お出迎えの方がいる場合、ツアーでいらしている場合は、
 お出迎えの方やツアーコンダクターの指示に従ってくださいね☆


市街地への移動方法はガイドブックにも記載があると思いますが、

大きく分けて、価格の安い順に下記の3つです。


  • 一.公共バスを利用する。

  • 二.大連周水子国際空港と市街地を結ぶエアポートシャトルバスを利用する。

  • 三.タクシーを利用する。




一.公共バスを利用する。


飛行場停留所より、532番バス・701番バス・710番バスで、

中山広場まで1元で行くことが可能です。

飛行場停留所市営701番バス
これは安いということで、停留場まで行ってみました。
(実は小生も利用したことがありませんでしたので・・・)












ざっと見積もっても1km以上歩く必要があります・・・(-_-;)


大連に初めていらした方が、ココまで辿り着くのは

至難の業かと思われます。(小生は2回ほど道を尋ねました・・・)

重たいトランクを引きずって、1km以上歩き、

さらにそのトランクを公共バスに担ぎ込む作業


いささか現実的ではありません。



どうしても、乗りたいという人以外は全くおススメいたしません。

(ってか、誰も乗らんだろうに何をしているんだ小生・・・)




二.大連周水子国際空港と市街地を結ぶ
エアポートシャトルバスを利用する。


空港出口を出てすぐ乗車でき、値段もお手ごろの5元

市街地まで行くことができます。

1階フロアの空港ロビーで乗車券を購入します。

空港出口を出ますと停車しているハイエースがございます。

エアポートシャトルバス
こちらがエアポートシャトルバスです。チョットびっくりです。

ハイエースにステッカー貼っただけですが、エアポートシャトルバスです。

しかし、コスト的にも、乗車場所的にも、

非常に使い勝手がよろしいかと。



デメリットととしてあげるならば、

乗客が集まらないとなかなか出発しないことと

あくまで、エアポートシャトルバスですから、

目的地付近まで行かない可能性がございますので、

ある程度大連の地理がわからないと

目的地に辿り着くのが難しいということでしょうか。



下記は停車場所です。

↓(飛行場)

↓ (春柳)

↓ (沙河口駅)

↓ (興工街)

↓ (五一広場)

↓ (民航ビル)

↓ (勝利広場)

↓ (人民路)


比較的時間に余裕がある方、

大連の地理をご理解頂いている方、

エアポートシャトルバスの停車場所が目的地に近い方には

非常におススメの移動手段です。




三.タクシーを利用する


小生はこれが一番現実的な移動手段だと考えております。

中国語が話せなくても、最悪筆談で目的地を指定すればいいですし、

30元(約450円)出せば、大抵の場所へ移動できます。

※大連開発区は含みません。



大連周水子国際空港は市街地の北西部11kmに位置し、

中国の他の国際空港と比べて、市街地までの距離が

とても近いのが特徴です。

参考までに


  • 北京新首都国際空港~市街地 27km

  • 上海浦東国際空港~市街地 45km
  •  
  • 香港国際空港~市街地 34km



上海や香港は他の交通機関を利用する方が便利かと思いますが、

大連では、空港~市街地間の移動は

タクシーが最も利用される移動手段です。



ただ、気をつけなければならないこと、

皆さんが心配なされることは

不当な金額を請求されるような金銭トラブル
ではないでしょうか。



どこの空港でも同様のトラブルは存在します。

これをできるだけ回避することが

気分良く旅行したり、大連生活をスタートするための

重要な要素かと思いますので、小生からアドバイスを。



大連市内のタクシー料金は

5時~22時まで、初乗り3km未満まで、8元です。

3km以降200mごとに0.4元ずつ加算されます。(3.00~3.19kmまで8.4元)

つまり市街地まで11kmと考えると24.4元となります。

30元以上請求される場合は、まず間違いなく不当な請求です。



上記を踏まえて。

1階空港出口を出て、左側へ向かって歩いていくと、

タクシー乗り場がございます。大体200m程歩きます。

1階フロアを出たところ大連周水子国際空港タクシー乗り場
一般の方はここを利用することになりますが、

タクシー乗り場に待機しているタクシーでも

中にはメーターを倒さず、言い値で金額を提示してくる輩も

いないわけではありません。

タクシー乗り場に待機するために

タクシードライバーは1元の入場料を支払います。

航空写真で見ればお解かりかと思いますが、

カナリの量のタクシーが停車しています。

楕円内が待機中のタクシー
待機している間、移動することもできず、

お金を得ることもできません。

少しでも多くの料金を請求したいのがドライバーの本音です。

旅行者も順番に並んでいるタクシーを選択できず、

運に任せて乗り込まなければなりません。



でも、チョットだけ気転を利かすと

ほぼ金銭トラブルを回避することができます。

(ちなみに小生は空港からのタクシー利用で

今のところ不当に請求されたことはありません。)



大連は出発フロアが2階にあるのは前述した通りです。

大連周水子国際空港2階ターミナル
大連から飛行機に搭乗する多くの方は

2階のターミナルにタクシーで乗り付けます。

このタクシーに乗車するのです。

飛行場端のタクシー乗り場まで、長々歩く必要もありません。

1階到着フロア・・・暗ッ!!!2階週発フロア 国際空港はこうでないと!
その上、1階とは違ったイメージの
大連周水子国際空港を見ることもできますし。



2階ターミナルは長時間の停車は禁止されておりますが、

乗車を拒否されることはほとんどありません。

タクシードライバーにしても、

そもそもの目的が空港に乗客を送り、

そのまま街へ戻っていく気で来ているので、上機嫌です。

不当に請求しようとはあまり考えおりません。

是非お試しいただきたいタクシーの乗車方法です。



まず、空港内中國銀行の向かいの

エスカレータを上っていただきます。

(余談ですが、2階へ上がってすぐのところに中国建設銀行のATMがありますので、
銀聯カード(UnionPay)をお持ちの方はココで引き出しも可能です☆)


2階ロビーの出口を出ます。

数分も待つとタクシーが乗客を乗せて来ます(さすがは中枢空港)ので、

乗客が降りてから乗車し、目的地を告げてください。



タクシー料金( 空港~中山広場間 )試しに2階からタクシーに乗車して、

大連周水子国際空港から

(大連駅・勝利広場よりも若干遠い)

中山広場まで行ってみました。

価格は25.6元

距離は11.6km

妥当な金額かと思います。

いかがですか?参考になれば幸いです。



注 本日のご案内はタクシー料金の不当な請求を100%防げることを保証するものではございません。万一不当な料金を請求されてしまった場合に起きましても、小生はいかなる責任も負いかねますのでご了承ください。


中国関連ブログはこちらでチェック→中国関連ブログが満載!

スポンサーサイト

2008年02月23日 大連生活 トラックバック:0 コメント:2

<< EeePC-ASUSTeK Computer Inc. | 親中宣言 ― 大連からの便り ―TOP | 情人節―中国のバレンタインデー >>

このコメントは管理者の承認待ちです

2012年01月14日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2013年10月01日 編集












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。