スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2002年 春

長期間サイト放置していたことをまずはお詫びいたしますです。
仕事が異常に忙しくそれどころではなかったいう言い訳も添えさせて頂きます。

中国行きを決め、某団体に入信入校を決め
中国派遣までのプログラムをこなすこととなりました。

日本語教師として派遣されることとなるワタクシであるが、
日本語を話せることと、日本語を教えることは
似て非なるものであり、そのことを全く理解していないワタクシがそこにいまいした。

派遣プログラムの内容は
・日本語教授法
・サバイバル英語
・サバイバル中国語

各授業に5万円の授業料を払い込み、
今となっては、何を学んだというより
学んでいる雰囲気を味わったという程度のものでしかなかったと思われますが
派遣手続きの必須条件とあらば、やむを得ません。
特に中国派遣を希望していたワタクシにとって
サバイバル英語なるものは
時間とお金の浪費以外の何ものでもなかったと記憶しています。
唯一勉強になったと思われる授業といえば
やはり、日本語教授法だろう。
日本人として日本語を理解していくことは
それなりに有意義でしたし
普段発する言葉にも意識がいくようになったことは
日本人として成長を感じ取れるひと時でした。
そんなワタクシが使用していた教材が「みんなの日本語」でした。
外国人の日本語学習者に圧倒的に支持されている日本語教材で
これを一通り学習すれば、日常会話はこなすことができる
なかなかしっかり作られた教材だと思います。
特に「教え方の手引き」はワタクシたち日本人にも
ためになる一冊だと思います。

こうして、わずかな日本語の知識とつたない中国語と
全く成長しない英語を引っさげて
派遣の日を今か今か待つのでした。

派遣の前にもぽちっとね
   ↓
ranking-banner.gif

スポンサーサイト

2006年02月16日 回想記 トラックバック:0 コメント:0

<< 親中宣言 更新再開!!! | 親中宣言 ― 大連からの便り ―TOP | 続 2002年1月 決意 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。